HIDランプの色温度(光色)と演色性

●色温度(光色)と演色性
ランプの使用目的によって様様な光色が用意されています。水銀ランプ(蛍光水銀ランプ)は3900kでピンクがかった白色、メタルハライドランプ(ネオアークビーム)は3500Kで温白色、高圧ナトリウムランプ(ネオルックス)は2100Kのゴールデンホワイトで温かみのある光色、高演色形高圧ナトリウムランプ(ネオカラー)は2500Kと白熱電球に近い光色です。
また、演色性の点でもっとも優れているのはメタルハライドランプです。高圧なナトリウムランプの一般形はメタルハライドランプに比べると劣ります。ただし,高演色系や演色改善形のように演色性を改善した高圧ナトリウムランプもあります。

HID、キセノンランプとは、キセノン中の放電における発光現象を利用した照明器具です。ディスチャージランプ、放電ランプあるいはHIDランプの一種。
キセノンランプとはキセノンガスを封入したガラス管の中に電圧をかけ放電させることによって光を得る方式で、フィラメント方式より消費電力が低く、理論上球切れしない長寿命な点がキセノンランプの特徴となっている。夜でも走快、交換だけで違いが分る。PIAA、CATZ、BELLOFなど