自動車保険について

●自動車保険について


自動車保険とは、保険料を納めることによって、自動車で万が一事故を起こした時に生じる、様々な損害の金銭的部分を補償するための保険です。


自動車保険には、大きく自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は強制保険ともいわれており、自動車はもちろん二輪のバイクや原付も含まれ、公道を走る場合必ず加入しなければならない保険です。


自賠責保険は、交通事故の被害者への補償を目的とした保険ですから、他人をケガさせたり死亡させたりした時など「対人事故」のみに対して支払われます。よって、自動車を運転していた者がケガをしても死んでも、あるいは車両や建造物に損害があっても適用されません。


自動車保険において、自賠責保険はあくまでも最低限の保険。この加入だけで安心とはとてもいえないものです。よって、任意保険の加入が必要になってきます。